新たな取組

日本・サウジアラビア産業協力タスクフォース

当センターが事務局を務める「日本・サウジアラビア産業協力タスクフォース」では、日サ両国の官民合同プロジェクトとして、両国の事務局が連携しサウジアラビアへの投資促進、中小企業政策協力、人材育成協力の3つの活動を推進しています。
サウジアラビアへの直接投資や技術移転の促進のために、セミナーや個別面談を行うとともに、「現地調査ミッション派遣」「現地詳細投資環境調査」「投資ミッション受け入れ」の支援スキームを我が国企業に提供しています。
また、支援対象企業の現地調査・活動の拠点として無料で利用できる「ビジネスサポートオフィス」を2008年9月に首都リヤドに開設しました。

サウジアラビア電子機器・家電製品研修所協力事業

サウジアラビア電子機器・家電製品研修所(SEHAI:Saudi Electronics & Home Appliances Institute )協力事業は、サウジアラビアにおける電子・家電技術専門研修機関に対し、日サ両国政府の支援の下、日本の技術系専門学校及び国内電子・家電メーカー等の協力により、専門家の派遣、教材・カリキュラムの提供等を開校後3年間に亘って行うものです。
本事業は、「日本・サウジアラビア産業協力タスクフォース」による人材育成協力の一環として位置付けられており、新たな日サ協力関係を象徴する互恵的事業です。

イラク関連事業

中東協力センターにおけるイラク向け事業(投資等促進事業、人材育成・人的交流促進支援事業・国際交流及び情報提供事業)を担当するイラクデスクが中東協力センター本部に2009年2月より設置されています。
日本企業の皆様にイラク関連情報を提供していきます。

ページ上部へ